読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉川利彦の日本横断史

吉川利彦が日本の様々な場所、おいしいものなどについてお話しさせていただきます!

吉川利彦 インスタントラーメン

吉川利彦です!初めての投稿になります!
皆様宜しくお願いします(^^♪

本日は私が大好きな即席麺の歴史についてお話したいと思います。

インスタントラーメン大研究 半世紀に渡る進化の歴史と次の商品

ロングセラーの「チキンラーメン」はインスタントラーメンの歴史そのもの

 1958年8月25日、日清食品が発売した“チキンラーメン”が記念すべき最初のインスタントラーメンだ。当時まだ、インスタントという言葉は行き渡っていなかった。インスタントコーヒー、インスタントココアなどが登場して、インスタントラーメン、という言葉が定着したのだ。

チキンラーメン第1号。中身がわかるように、大きな窓が開いている(画像クリックで拡大)

 戦後十余年。ようやく人々が家に落ち着き、貧しいながらも毎日の生活を送り出した頃。闇市の屋台では、ラーメンが爆発的な人気を誇り、特に人気の店には行列ができていた。ちなみに「ラーメン」は日本の発明品である。諸説あるが、長崎の南京町で生まれ、そのレシピが各地の南京町に広がって行ったもの、という説が有力である。そのラーメンを、簡単に家で食べられたら……と考えた男がいた。安藤百福(1910-2007)氏。現在の日清食品の創業者だ。彼が生み出し、今も愛され続けるチキンラーメン誕生までの日々は簡単ではなかった。商品開発のため、安藤は自宅の庭に小屋を造っている。お湯をかけるだけで食べられる、インスタントラーメンを作るためだ。製麺機、麺打ち台、揚げ鍋、麺干しすのこ……。当時の様子は、大阪府池田市インスタントラーメン発明記念館で、再現展示されている。

大阪府池田市インスタントラーメン発明記念館には、安藤百福氏が即席ラーメンの開発に没頭した小屋が再現されている。「インスタントラーメン発明記念館大阪府池田市満寿美町8-25/阪急電車宝塚線池田駅」下車(阪急梅田駅から急行で約20分)満寿美町方面出口から徒歩約5分/開館時間 9時30分~16時(入館は15時30分まで)/休館日 火曜日(祝日の場合は翌日が休館)年末年始/入館料 無料/ご案内ダイヤル TEL(072)752-3484 *9:00~16:00 チキンラーメン手作り体験工房の予約専用ダイヤル TEL(072)751-0825 *10:00~

行ってみたいですね!!

次もインスタントラーメンの記事について書かせていただきますね!

吉川利彦でした!