読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉川利彦の日本横断史

吉川利彦が日本の様々な場所、おいしいものなどについてお話しさせていただきます!

吉川利彦 東京でおススメオムレツ

 吉川利彦がお届けします。

東京でおススメするふわふわのオムレツをご紹介します。

ご紹介する中に好みが見つかればよいですが、、、

口の中でしゅわ~っととろける!ふわっふわの「スフレオムレツ」が絶品の東京のお店まとめ

 

ふわふわ、とろ~りの卵料理、おいしいですよね。そんな人気の卵料理の新星、「スフレオムレツ」が話題です!口の中に入れるとしゅわっとなくなってしまう食感がたまらない!東京でいただける絶品の「スフレオムレツ」のあるお店を紹介します。

1.ラ・メール・プラール

フランスの世界遺産モンサンミッシェルの地で、1888年からの伝統を受け継いだ「ラ・メール・プラール」。世界的に有名なお店が、海外初進出で2011年に日本初上陸!

人気商品は伝統メニュー「ふわふわオムレツ」。フランス産バターをたっぷり使い、見事なコクとふわっふわの食感になっています。まるでメレンゲのようにフワッとなくなってしまいますよ。一度食べたら忘れられない味。かなりボリュームがあるので、これだけでおなかいっぱいになるでしょう。

メニューは単品のほかに、パスタのコース、オムレツのコース、マルミット(鍋)のコース、牛肉のココットのコースなんてのもありますよ!

■ 基本情報

    • ・名称:ラ・メール・プラール (la mere poulard)
    • ・住所:東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム
    • ・アクセス:有楽町駅より徒歩1分
    • ・営業時間:11:00~23:00
    • ・電話番号:03-5252-7171
    • ・料金:伝統のオムレツ1990円など
    • ・公式サイトURL:http://www.la-mere-poulard.jp/

 

2.Bistro Tama(ビストロタマ)

カフェビストロという新スタイルのお店「Bistro Tama」。人気メニューは「モンサンミッシェルデミグラスソースオムライス」。ご飯の上にふわふわとろとろのオムレツをかぶせ、その上に、濃厚なデミグラスソースがかかっています。柔らかいオムレツに合わせてごはんも少々柔らかめ。口に入れるとシュッとなくなる、ほわほわ~な食感です♪

上記写真の、飛騨牛ハンバーグがのった「モンサンミッシェル オムライス飛騨牛ハンバーグのせ」も、スフレの卵とハンバーグの相性が抜群ですよ!

■ 基本情報

    • ・名称:ビストロ タマ (Bistro Tama
    • ・住所:東京都世田谷区玉川2-23-1
    • ・アクセス:二子玉川駅から徒歩すぐ
    • ・営業時間:11:00~23:00
    • ・定休日:1/1
    • ・電話番号:03-3709-2105
    • ・公式サイトURL:http://www.ccinc-love.com/bistrotama/

 

3.LE SUN PALM(ルサンパーム)

新しいものが好きな方に試してほしい一品が「スフレオムレ*ルー」。スフレオムレツはふわふわで口の中に入れると、スッと溶けてしまうような食感を楽しめますが、ここのスフレオムレツにはプラスアルファがほどこされているのです。

「スフレオムレ*ルー チキンとチーズの欧風カレー」はスパイシーかつフルーティーの欧風カレーソースの上にスフレオムレツをのせて焼き上げています。「スフレオムレ*ルー 海老と野菜のトムヤムクンリゾット」は雑穀クリーミートムヤムクンリゾット。パクチーを絡めると味に深みが増します。

ほかに、「スフレオムレ*ルー 濃厚カルボナーラスパゲッティ」、「スフレオムレ*ルー 粗挽きミートソーススパゲッティ」もあり、好奇心をそそるメニューがいっぱいです。

■ 基本情報

 

まとめ

3店舗とも驚きのふわふわさですね!どれもおいしいそうで、それぞれ個性があります。これは3店舗とも制覇するしかないでしょう。口の中でとろける食感、楽しんでみてくださいね!

人によって固さの好みやふわふわ加減の好みもあるかと思いますので、

ぜひ写真を見て気になるものがあれば、足を運んでみてください。

それではこの辺で、吉川利彦がお送りしました。