読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉川利彦の日本横断史

吉川利彦が日本の様々な場所、おいしいものなどについてお話しさせていただきます!

吉川利彦 東京の誇る和菓子

吉川利彦です。

本日は和菓子特集です。

お盆の季節、帰省時に持ち帰った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

東京の和菓子の名店33選

 



東京の和菓子の名店33箇所を厳選してみましたのでご紹介します。ジャンルが色々とあり、最中や羊羹を始め、大福やどら焼き、団子など様々なバリエーションから選ぶことができます。それに味はもちろんですが、見た目も美しい逸品ばかりで、中には食べるのがもったいなくなるほど、まるで芸術品のようなものまであります。お土産にしたいランキングに選ばれるほどの場所が数多くありますので、きっとあなたのお気に入りが見つかるのではないでしょうか。

1.越後谷若狭

江戸時代から240年続く和菓子の老舗で、高い評判を得ています。完全予約制のため、近くに来たから、と立ち寄っても売ってもらえません。お客様の来店に合わせて作ってくれているのです。季節限定の水ようかんが特に人気で、その日限りのデリケートな生菓子です。また毎月変わる季節のお菓子も人気があります。

■ 基本情報

 

2.うさぎや

屋根の白いうさぎが目印の和菓子店。喜作もなかとどらやきがメインの和菓子屋です。十勝産の小豆を贅沢に使った程よい甘さの餡がたっぷりのどらやきはファンも多く、かわいい白いうさぎの御饅頭も人気です。

■ 基本情報

 

3.一幸庵

本格的な茶席の和菓子も手掛ける1977年創業の和菓子店。人気のあざぶ最中は餡子と皮が別々になっており、食べる直前に合わせます。丹波大納言の風味豊かな小豆とパリッとして香ばしい人気の最中です。他にも月々の趣向を凝らした月のかぞえ歌やわらび餅も楽しめます。

■ 基本情報

 

 

なかなかに上品でちょっとしたお土産にも非常に喜ばれそうですね。

人気が高く、予約が必要なものも多いため、その辺りは注意されてください。

しかしせっかくなので、また次の帰省時にでもぜひ参考にされて下さい。

以上、吉川利彦でした。