読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉川利彦の日本横断史

吉川利彦が日本の様々な場所、おいしいものなどについてお話しさせていただきます!

吉川利彦 豚丼も忘れないで

吉川利彦が本日も日本横断史をお届けいたします!

本日は忘れちゃいけないあいつです!

 

豚丼好きは一度行くべし!甘辛いタレが決め手の豚丼専門店「いっぴん」がリピ確定

 

北海道の十勝といえば豚丼!十勝の中心地である帯広には豚丼の専門店が多数ありますが、「いっぴん」というお店をご存知でしょうか?この「いっぴん」が「ぜっぴん」と話題なんですよ。

絶品豚丼の専門店があるって知ってる?

豚ロース肉を甘辛いタレを塗りながら炭火で焼き、ご飯に乗せた丼スタイル。そんな絶品豚丼の専門店が、十勝にはあるんです。もちろん、豚肉は十勝産!「帯広系豚丼」などと呼ばれる事もあります。

北海道「いっぴん」の十勝豚丼にファンが急増中!


十勝豚丼はローカル食でしたが、近年では一般にも広く知られるようになり、北海道旅行に来る観光客にも人気です。北海道には豚丼専門店がありますが、今人気急上昇中なのは「いっぴん」。札幌駅にもお店があることから多くの人に知られつつあります。

丼からお肉がはみ出してる!

丼からお肉がはみ出すこの豪快さ!これこそが十勝豚丼の醍醐味なんです。蓋からはみ出している豚肉は、肉厚で美味しそう!食べる前からワクワクしちゃいますね。

熱いこだわりが生んだ究極の”いっぴん”


北海道ではライバル店が多い十勝豚丼の専門店。その中でこれだけ「いっぴん」が人気があるのは、お店が持つ豚丼への熱いこだわり。お肉やタレ、そしてご飯の質や炊き具合にまでこだわっていて、まさに究極の豚丼だからなんです。

元はタレ屋さん!?低温熟成の生タレが決め手!



「いっぴん」は、「ソラチ」という焼肉やジンギスカンのタレを製造している会社が経営しています。道産子なら誰もが知っているCMでお馴染みのあの会社です。タレの老舗だけあり、豚丼のタレも他店では真似できない本格製法。低温熟成処理で味わい深い風味の生ダレなんです。

お肉にも焼き方にももちろんこだわります

「いっぴん」の豚肉は道産豚の本ロース。しかもこだわりの備長炭100%で焼き上げるため、余分な脂が落ち、見た目よりもヘルシーなんです。特製のタレとも相性は抜群です。タレをつけて焼いてまたタレをつける...といった重ね塗りでジューシーなお肉にしっかりと味をしみこませます。

テイクアウトもOK♪お弁当メニューありです


「いっぴん」には、テイクアウトメニューもあります。「豚丼弁当」や、肉のみ大盛りの「豚皿」に加え、なんと「豚汁」や「ライス」、「白髪ねぎ」も単品で持ち帰り可能。持ち帰りで買って列車の中で食べたり、公園で食べたりするのも良いですね!

絶賛の声が多数!リピート確定です♡


お肉がジューシーで柔らかかった、タレにこだわりを感じた、炭火が香ばしい....など絶賛の声多数!地元民から観光客、外国人まで評判が広がっています。最近は店舗の前に列ができている事もあるほど人気なのだとか。

北海道グルメに新たな”いっぴん”追加です!


もとからファンが多かった十勝豚丼ではありますが、その豚丼を究極の状態にまでこだわって提供する「いっぴん」は、今多くのファンを虜にしています。北海道は美味しい物ばかり。いろいろ食べたくなりますが、ぜひ「いっぴん」を追加するのを忘れずに。

■ 基本情報

  • ・名称: 十勝豚丼いっぴん 帯広本店
  • ・住所: 北海道帯広市西21条南3丁目5番地
  • ・アクセス: 西帯広駅から車で約10分
  • ・営業時間: 11:00~21:00
  • ・電話番号: 0155-41-1789
  • ・公式サイトURL: http://www.butadon-ippin.com/

「いっぴん」の店舗は、帯広以外に札幌にもあります。札幌もで十勝の味を満喫できるので、十勝を訪れる予定のない人も是非。特に「ステラプレイス」の店舗は札幌駅なので気軽に立ち寄れます。ぜひ試してみてくださいね。
引用:Find Travel
http://find-travel.jp/article/46197
 
なんておいしそうなんでしょうか。
世間は牛丼ばかりに注目しがちですが、こんなにも素晴らしい豚丼があったとは驚きです。
今日は自分で帰りにスーパーのバラ肉を買って豚丼にすることに決めました。
本日も吉川利彦がお届けいたしました!