読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉川利彦の日本横断史

吉川利彦が日本の様々な場所、おいしいものなどについてお話しさせていただきます!

吉川利彦が送る男性向けのカクテル

お久しぶりの吉川利彦です。

本日から少しずつまたブログを綴っていきたいと思います・・・

さて!

今回は男性向けのカクテルをご紹介したいと思います!

というのも、最近飲みが多く結構色々なカクテルを飲んでみたので、

ネットと照らし合わせてご紹介します!

これを頼めばモテる?!BARでオーダーしたい男の「粋なカクテル」5選

Barで何を頼んでいますか?

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180023p:plain

出典:imgfp.hotp.jp

ここ数年のウイスキーブームで、バーでもハイボールを含めたウイスキーをオーダーする男性が多くなりました。

例えば女性と一緒にバーに訪れた時。
「男はウイスキー」「男がカクテルを頼むのは格好悪い」なんて思ってはいませんか?

しかし、バーではカクテルこそがバーテンダーの腕の見せ所。
さらっとかっこいいカクテルをオーダーしてこそ、オシャレな男性としての株も上がるのです。

これを注文したらかっこいい!男性向け「粋なカクテル」を5つご紹介します。

マティーニ

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180055p:plain

出典:cdn.kaumo.jp

カクテルはマティーニに始まりマティーニで終わると言われるほど「カクテルの王様」と称されるマティーニ
それだけに、バーテンダーの腕前によって大きく味に違いが出るのもマティーニの魅力です。

そもそもマティーニとは、ドライジンにドライベルモットを加えてオリーブをトッピングするカクテル。
辛口なので男性向き、さらにはアレンジも多く、かっこよくオーダーを決めるんい持って来いのお酒なのです。

ベースはジンだけでなく、「ウォッカ」や「カンパリ」などでもオススメ。
ま他、バーテンダーさんこだわりのレシピがあればそれをオーダーするのも通の頼み方です。

マティーニは映画の名作「007」でも有名になったお酒。
「ウォッカ・マティーニをステアせずにシェィクで」と言った名ゼリフがあるので、そのままオーダーしてみるのも素敵かもしれませんね。

②マンハッタン

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180137p:plain

マティーニがカクテルの王様ならば、「マンハッタ」は”カクテルの女王”と呼ばれるお酒。
ドライで辛口なマティーニと比べ、マンハッタンは甘口でまろやかな味わいが魅力です。

マンハッタンはウイスキーにスイートベルモットビターズを加えて作っています。
甘口とはいえ、ベースはウイスキーなのでアルコール度数は高め。
飲みやすいからと言って侮れないところもまた”女王”らしくて素敵ですね。

 

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180238p:plain

③ジンフィズ

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180314p:plain

出典:www.eatsmart.jp

カクテル通が好む一杯と言われているのが「ジンフィズ」。
ジンフィズは、ジンベースにレモンジュースとソーダ、砂糖を加えて作るカクテル。

これのどこがカクテル通?と思われるかもしれませんが、この一杯にはバーテンダーの腕が試される技術が多く含まれるのだそうです。

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180338p:plain

出典:kuniroku.com

そのため、一杯目にオーダーされるとドキッとするバーテンダーも多いとか。
初めてのお店で腕試しにオーダーすれば、そのお店のクオリティもわかってしまうかも?!

お砂糖が入っているので甘さはありますが、ジンとレモンでほろ苦い爽やかさが楽しめるのもジンフィズの特徴。
女性にも男性にも人気の定番カクテルです。

ギムレット

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180400p:plain

出典:image.taspy.jp

個人的に、ギムレットをオーダーする男性はおしゃれでかっこいいというイメージがあります。
もともとギムレットは、イギリスの海軍医が将校たちのジンの飲み過ぎを抑えるためにライムジュースを混ぜて飲んだことが始まりと言われているお酒。

ジンとライムというシャープな苦味を合わせたカクテルは、まさに「男のカクテル」というイメージがあるのです。

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180426p:plain

ギムレットにまつわる作品はとても多く、有名なハードボイルド小説「長いお別れ」の中にもこんな言葉があります。

ギムレットには早すぎる」これは、「ギムレットのような強いお酒を飲むにはまだ時間が早すぎる」という意味なのですが、小説の中ではこれが重要なキーポイントに。

そんな名作にも登場するギムレットをサラっと頼む男性は、大人の遊びを嗜んでいるようでとっても素敵です。

⑤XYZ

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180451p:plain

出典:cdn.kaumo.jp

シメの一杯にオススメなのは「XYZ」というカクテル。

アルファベットの最後の文字をとってこのカクテルは、文字通り「もう後がない」という意味。
「最後の一杯に一杯飲んで帰ろうか」という時にふさわしいカクテルですね。

f:id:yoshikawa-toshihiko0726:20170220180513p:plain

出典:cdn.kaumo.jp

XYZは、ホワイトラムにホワイトキュラソーとレモンジュースを加えて作られています。

ラムの芳醇な香りに爽やかなレモンジュースが相性抜群。
アルコール度数も強すぎないので、最後にグッと酔うこともありません。

ラム酒は女性にも飲みやすくオススメの一杯。
最後はXYZをシェアして帰れば、二人の距離も縮まるかもしれませんね。

通のモテカクテルを極めよう!

いかがでしたか?

バーで頼むとオシャレに決まる男性オススメのカクテルを5つご紹介しました。
どれもバーテンダーの腕が試される一杯なので、女性のみならずバーテンダーからも通だと思われるかも?!

せっかくオシャレなバーに行ったのならば、サラっとモテカクテルを頼んで大人の色気を醸し出しましょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

いかがですか?

普段カクテルはあまり頼まないという方も是非試してみてはいかがでしょう?

お酒の世界が広がりますよ!

それでは今日はこのあたりで!

吉川利彦がお届けしました。